蔵書家たちの黄昏

反町茂雄の主題による変奏曲

[17] 鏡像フーガ付録2 国宝古典籍の所有者変遷リスト(試作中)

国宝古典籍のこれまでの所蔵者の変遷を一覧したページです。
でも、御覧の通り全然完成していません。だから今はまだ読まないでください。

これが無事完成したら、次に重文でもやろうかなと考えてます(ただ数が多いので苦労するかも)。
本でも国宝になると所蔵先に、国会図書館とか東大図書館の名前はもう出てきませんね。東京国立博物館とか京都国立博物館ばっかりです。
西洋の稀覯書で一番高額なのはキャクストン版のカンタベリー物語とかグーテンベルク版の聖書あたりなんでしょうけど、反町さんが日本における最高の古版本は何かと問われた時、後陽成天皇勅版の「日本書紀神代巻」か、正平版「論語」ではないかと答えていました。でもどちらも国宝には入ってないようです。ちなみに文化財保護審議会では、重要文化財は委員の多数決で決めれるんだけど、国宝になると全員一致じゃないとダメだって話です。

 


1書跡・典籍の部


【仏教経典 仏教撰述書 聖教類】

浄名玄論 ■京都国立博物館
千手千眼陀羅尼経残巻(天平十三年七月十五日玄昉願経) ■京都国立博物館←■守屋孝蔵
紺紙金字大宝積経 巻第三十二(高麗国金字大蔵経) ■京都国立博物館
金剛般若経開題残巻(弘法大師筆)(六十三行) ■京都国立博物館←■神光院

賢愚経残巻(大聖武)二百六十二行 ■東京国立博物館←■井上侯爵家←■前田家   ■東大寺
法華経方便品(竹生島経)■東京国立博物館
細字法華経(一部七巻)■東京国立博物館

紫紙金字金光明最勝王経 10巻 ■龍光院
大字法華経(第三巻欠)(明算自点本) ■龍光院
細字金光明最勝王経 2巻 ■龍光院

金銀字一切経(中尊寺経)4296巻 ■金剛峯寺
法華経 巻第六(色紙) ■金剛峯寺
聾瞽指帰(弘法大師筆)■金剛峯寺

宋版一切経 6,102帖 ■醍醐寺
醍醐寺文書聖教 69,378点 ■醍醐寺
大日経開題(弘法大師筆) ■醍醐寺

金剛場陀羅尼経 ■文化庁←■小川家   ■法隆寺
花厳経音義 巻上下 ■文化庁←■小川家

紫紙金字金光明最勝王経 10巻 ■奈良国立博物館
金剛般若経開題残巻(弘法大師筆)(三十八行) ■奈良国立博物館←■高松宮家←■有栖川宮家

大毘盧遮那成仏神変加持経(天平神護二年吉備由利願経)7巻 ■西大寺
金光明最勝王経(天平宝字六年百済豊虫願経)10巻 ■西大寺

根本百一羯磨 巻第六 ■根津美術館←■根津嘉一郎
無量義経(裝飾経)・観普賢経(裝飾経)■根津美術館←■根津嘉一郎

賢愚経残巻(大聖武)3巻 ■前田育徳会←■前田家
宝積経要品(足利尊氏、同直義、夢窓疎石合筆)■前田育徳会←■前田家

賢愚経残巻(大聖武)2巻 ■白鶴美術館←■井上馨    ←■桂宮家←■前田家
大般涅槃経集解 71巻 ■白鶴美術館

菩薩処胎経 5帖 ■知恩院←■鵜飼徹定
大楼炭経 巻第三 ■知恩院←■鵜飼徹定

釈摩訶衍論 ■石山寺
淳祐内供筆聖教(薫聖教) 73巻、1帖 ■石山寺


観心本尊抄(日蓮筆) ■法華経寺
立正安国論(日蓮筆) ■法華経寺

観無量寿経註(親鸞筆)■本願寺
阿弥陀経註(親鸞筆) ■本願寺

西方指南抄(親鸞筆)6冊 ■専修寺
三帖和讃(親鸞筆)3冊 ■専修寺

三十帖冊子(30帖)・宝相華迦陵頻伽蒔絵??冊子箱(??=土篇に「塞」)■仁和寺
称名寺聖教16,692点・金沢文庫文書4,149点 ■称名寺
大般若経(和銅五年長屋王願経)142帖 ■太平寺
大般若経(和銅五年長屋王願経)27帖 ■常明寺
大般若経(薬師寺経)387巻 ■藤田美術館
賢愚経 巻第十五(四百六十七行) ■東大寺
不空羂索神変真言経 ■三宝院
南海寄帰内法伝 巻第一、第二 ■天理大学蔵・天理大学附属天理図書館保管   ■石山寺
紺紙金字法華経・観普賢経(平清盛・頼盛合筆)8巻 ■厳島神社
大般涅槃経集解 59巻 ■輪王寺
紺紙金字一切経(内十五巻 金銀交書経)2739巻 ■中尊寺大長寿院
一字一仏法華経序品 ■善通寺
一字蓮台法華経(普賢勧発品) ■近鉄グループホールディングス蔵・大和文華館保管
一字蓮台法華経(開結共、巻第六欠)9巻 ■龍興寺
法華経(開結共)10巻 ■浅草寺
法華経(久能寺経)19巻 ■鉄舟寺
法華経序品(竹生島経) ■宝厳寺
法華経 自巻第二至巻第七(寿永二年運慶願経) ■真正極楽寺
法華経一品経・阿弥陀経・般若心経 33巻 ■埼玉・慈光寺
法華経・観普賢経・無量義経・阿弥陀経・般若心経 34巻 ■長谷寺
六祖恵能伝 ■延暦寺
金剛経(張即之筆)■智積院
大覚禅師筆金剛経 ■龍光院
教行信証(親鸞筆)(坂東本) ■真宗大谷派
普勧坐禅儀(道元筆)■永平寺

法華経(久能寺経) 4巻 ■個人蔵
法華経 巻第八(寿永二年運慶願経) ■個人蔵

旧 法華経巻第二 春日版 ■焼滅←■安田善之助←■オークション←■内野皎亭←■田中光顕


【和書(和歌)(物語、漢詩文、説話他)(史書、歴史物語)(その他)】

万葉集 第三、第六巻残巻(金沢万葉)(彩牋) ■前田育徳会←■前田家
古今集(伝藤原清輔筆) ■前田育徳会
古今集 巻十九残巻(高野切) ■前田育徳会←■前田家
歌合(十巻本)(巻第一、二、三、八、十) ■前田育徳会←■前田家
入道右大臣集(彩牋) ■前田育徳会←■前田家
土佐日記(藤原定家筆) ■前田育徳会←■前田家
日本書紀 巻第十一、第十四、第十七、第二十 4巻 ■前田育徳会←■前田家
類聚国史 巻第百六十五、第百七十一、第百七十七、第百七十九 4巻 ■前田育徳会←■前田家
秘府略 巻第八百六十八 ■前田育徳会←■前田家
北山抄 12巻 ■前田育徳会←■前田家

元暦校本万葉集 20冊 ■東京国立博物館)←14冊 ■古川虎之助←■水野忠邦←■桑名松平家←■伊勢松坂中川浄宇
                    ← 6冊 ■高松宮家←■有栖川宮家←■伊勢松坂中川浄宇
古今和歌集(彩牋)(元永本) ■東京国立博物館←■三井家←■前田家←■徳川家       ■藤原定家
寛平御時后宮歌合(十巻本) ■東京国立博物館                 ■近衛家  ■宗尊親王
和歌躰十種 1巻、1幅 ■東京国立博物館
三宝絵詞 ■東京国立博物館
医心方(半井家本) 30巻、1冊 ■東京国立博物館)←■文化庁←■半井家
延喜式(九條家本)■東京国立博物館)            ■九条家

万葉集 巻第九残巻(藍紙本) ■京都国立博物館←■中村富次郎
古今和歌集 巻第十二残巻(本阿弥切本) ■京都国立博物館      ■本阿弥光悦
明恵上人歌集(高信筆) ■京都国立博物館
芦手絵和漢朗詠抄(藤原伊行筆) ■京都国立博物館    ←■原富太郎←■福岡孝弟   ■掛川藩主太田家
日本書紀 巻第二十二、第二十四 ■京都国立博物館←■岩崎久弥
日本書紀神代巻(上下)(吉田本)■京都国立博物館    ←■大橋理祐←■芸林荘真門孝雄←■卜部吉田家
稿本北山抄(巻第十) ■京都国立博物館←■三条家

歌合 巻第六(十巻本) ■陽明文庫←■近衛家
類聚歌合 19巻  ■陽明文庫←■近衛家
倭漢抄下巻(彩牋)2巻 ■陽明文庫←■近衛家
神楽和琴秘譜 ■陽明文庫←■近衛家

古今和歌集(藤原定家筆) ■冷泉家時雨亭文庫←■冷泉家
後撰和歌集(藤原定家筆) ■冷泉家時雨亭文庫←■冷泉家
拾遺愚草 上中下(自筆本)3帖 ■冷泉家時雨亭文庫←■冷泉家
古来風躰抄 上下(初撰本)自筆本)■冷泉家時雨亭文庫←■冷泉家

日本書紀神代巻(上下)(吉田本) ■天理大学蔵・天理大学附属天理図書館保管←■芸林荘真門孝雄←■卜部吉田家
播磨国風土記 ■天理大学蔵・天理大学附属天理図書館保管←■三条西家
類聚名義抄 11冊 ■天理大学蔵・天理大学附属天理図書館保管

医心方 第一、第五、第七、第九、第十残巻 5帖 ■仁和寺
御室相承記 6巻 ■仁和寺

延喜式 巻第十二残巻、第十四、第十六 3巻 ■金剛寺
延喜式神名帳 ■金剛寺

古今和歌集(色紙)(曼殊院本) ■曼殊院
古今和歌集 巻第廿(高野切本) ■高知県蔵・高知県立高知城歴史博物館保管
古今和歌集 巻第八(高野切本) ■毛利報公会蔵・毛利博物館保管
古今和歌集序(彩牋三十三枚) ■大倉文化財団蔵・大倉集古館保管
歌仙歌合 ■和泉市久保惣記念美術館
三十六人家集 37帖 ■本願寺
類聚古集 16帖 ■龍谷大学
深窓秘抄(百一首) ■藤田美術館
倭漢朗詠抄 巻下残巻 ■静嘉堂文庫
今昔物語集 9冊 ■京都大学
土左日記 ■大阪青山学園←■反町弘文荘反町茂雄
日本霊異記(中下) ■来迎院
日本霊異記 上巻 ■興福寺
古事記(賢瑜筆)3帖 ■宝生院
日本書紀 巻第十残巻 ■奈良国立博物館
類聚国史 巻第廿五 ■東北大学←■狩野享吉
栄花物語 17帖 ■九州国立博物館←■文化庁←■梅沢彦太郎←■三条西家

上宮聖徳法王帝説 ■知恩院←鵜飼徹定
後宇多天皇宸翰弘法大師伝(絹本) ■大覚寺
延暦交替式 ■石山寺
四天王寺縁起(根本本・後醍醐天皇宸翰本)2巻 ■四天王寺
東宝記 12巻1冊 ■東寺
催馬楽譜 ■鍋島報效会
篆隷万象名義 6冊 ■高山寺

古今和歌集 巻第五(高野切本)■東京・個人蔵
源氏物語奥入(藤原定家筆) ■京都・大橋寛治
肥前国風土記 ■香川・猪熊家

旧 尊意僧正伝     ■保坂潤治←■反町弘文荘反町茂雄←■文求堂
旧 法門百首自註    ■宮下義正←■?←■反町弘文荘反町茂雄←■脇坂安之
旧 延喜式       ■反町十郎←■反町弘文荘←■三条西家


【漢籍(日本写本)(中国写本)(中国刊本)】

史記 夏本紀第二、秦本紀第五(高山寺本)■東洋文庫←■岩崎久弥
春秋経伝集解 巻第十 ■東洋文庫←■岩崎久弥       ←■菅原在貫←■中原康←■清原頼業~清原家
文選集注 7巻 ■東洋文庫←■岩崎久弥←■和田維四郎←■島田翰
古文尚書 巻第三、第五、第十二 ■東洋文庫←■岩崎久弥←■和田維四郎
毛詩(巻第六残巻) ■東洋文庫←■岩崎久弥←■和田維四郎     ■常楽院

史記巻第九十六、九十七残巻(石山寺) 
春秋経伝集解 巻第廿六残巻(石山寺)
春秋経伝集解 巻第廿九残巻(石山寺)
漢書 高帝紀下、列伝第四残巻 2巻(石山寺)
玉篇 巻第廿七(後半)(石山寺)

群書治要(色紙)13巻(東京国立博物館)
王勃集 巻第二十九、第三十(東京国立博物館)
古文尚書 巻第六(東京国立博物館)
世説新書 巻第六残巻(東京国立博物館)  ■東寺
碣石調幽蘭 第五(東京国立博物館)

宋刊本文選(金沢文庫本) 21冊(足利市蔵・足利学校遺蹟図書館保管)       ■金沢文庫
宋版周易注疏 13冊(足利市蔵・足利学校遺蹟図書館保管)
宋版尚書正義 8冊(足利市蔵・足利学校遺蹟図書館保管)
宋版礼記正義 35冊(足利市蔵・足利学校遺蹟図書館保管)

漢書 食貨志第四(宝生院)
?玉集 巻第十二、第十四(宝生院)
翰林学士詩集(宝生院)

新撰類林抄 巻第四残巻(京都国立博物館)
漢書楊雄伝第五十七(京都国立博物館)←(上野家)
世説新書 巻第六残巻(京都国立博物館)          ■東寺

説文木部残巻(武田科学振興財団)←(内藤湖南)←(景賢)←(端方)  (莫友芝)
宋刊本史記集解 11冊(武田科学振興財団)←(内藤湖南)
宋版毛詩正義(紹興九年刊)(金沢文庫本)17冊(武田科学振興財団)←(内藤湖南)

宋版漢書(慶元刊本) 61冊(国立歴史民俗博物館)    ■上杉家←■直江兼続
宋版後漢書(慶元刊本) 60冊(国立歴史民俗博物館)    ■上杉家←■直江兼続
宋版史記(黄善夫刊本) 90冊(国立歴史民俗博物館)    ■上杉家←■直江兼続

黄帝内経明堂 巻第一 2巻・黄帝内経太素 24巻(仁和寺)
新修本草 巻第四、第五、第十二、第十七、第十九(仁和寺)

宋高宗書徽宗文集序(文化庁)←(小川広已←小川為次郎1851-1926)
世説新書 巻第六残巻(文化庁)←(小川広已←小川為次郎1851-1926)    ■東寺

礼記子本疏義 巻第五十九(早稲田大学)←(田中光顕)
玉篇 巻第九残巻(早稲田大学)←(田中光顕)

玉篇 巻第廿七(前半)(高山寺)
冥報記 3巻(高山寺)

宋刊本義楚六帖 12冊(東福寺)
宋版太平御覧 103冊(東福寺)

宋刊本欧陽文忠公集(金沢文庫本)39冊(天理大学蔵・天理大学附属天理図書館保管)
宋版劉夢得文集12冊 ■天理大学蔵・天理大学附属天理図書館保管←■村口書房村口四郎←■福井崇博館

史記 孝文本記第十(東北大学)←(狩野享吉)
史記 孝景本記第十一(公益財団法人五島美術館蔵・大東急記念文庫所管)
史記 呂后本記第九(毛利報公会蔵・毛利博物館保管)
文館詞林残巻 12巻(和歌山・正智院)
文館詞林残巻 1巻(和歌山・宝寿院)
玉篇 巻第廿二(三重・神宮)
毛詩鄭箋残巻(大阪・大念仏寺)
翰苑 巻第丗(太宰府天満宮)
両京新記 巻第三(金沢文庫本)(前田育徳会)        ■金沢文庫
文選集注 19巻(称名寺)
春秋経伝集解 巻第二残巻(藤井斉成会有鄰館)

王勃集 巻第二十八(上野家)
世説新書 巻第六残巻(兵庫・個人蔵)        (東寺)

旧 五臣注文選 ■天理大学附属図書館←■反町弘文荘反町茂雄←■柏林社古屋幸太郎←■三条家     
旧 文選集注巻百十六(金沢文庫本)      ←■保坂潤治←■反町弘文荘反町茂雄←■オークション←■松浦家←■海保漁村←■曲直瀬正琳
旧 劉子                   ←■反町弘文荘反町茂雄←■武居家


【墨蹟】
圜悟克勤墨蹟(印可状)(東京国立博物館)
虚堂智愚墨蹟(法語)(東京国立博物館)
馮子振墨蹟(与無隠元晦詩)(東京国立博物館)
了菴清欲墨蹟(法語 至元七年正月十七日)(東京国立博物館)
大慧宗杲墨蹟(尺牘 十月初二日)(東京国立博物館)
無準師範墨蹟(尺牘)(東京国立博物館)

竺仙梵僊墨蹟(明叟斉哲開堂諸山疏)(絹本)2幅(京都・龍光院)
密庵咸傑墨蹟(法語 淳熙己亥仲秋日)(綾本)(京都・龍光院)

古林清茂墨蹟(別源円旨送別偈 泰定二年九月二日)(五島美術館)  (丹羽家)←(織田信長)←(越前朝倉家)
無準師範墨蹟(山門疏)(絹本)(五島美術館)

馮子振墨蹟(画跋)(常盤山文庫)
清拙正澄墨蹟(遺偈 暦応二年正月十七日)(常盤山文庫)

大燈国師墨蹟(印可状 元徳二年仲夏上澣)(妙心寺)
大燈国師墨蹟(関山字号 嘉暦己巳仲春)(妙心寺)

古林清茂墨蹟(月林道号 泰定四年三月望日)(京都・長福寺)
虚堂智愚墨蹟(達磨忌拈香語)(大徳寺)
無学祖元墨蹟(与長楽寺一翁偈語 弘安二年十一月一日)4幅(相国寺)
無準師範墨蹟(円爾印可状 丁酉歳十月)(絹本)(東福寺)
大慧宗杲墨蹟(尺牘 四月八日)(畠山記念館)
大覚禅師墨蹟(法語規則)2幅(建長寺)
大燈国師墨蹟(看読真詮榜)(真珠庵)
大燈国師墨蹟(渓林、南嶽偈)2幅(正木美術館)
大燈国師墨蹟(元徳二年五月十三日 与宗悟大姉法語)(大仙院)


【懐紙】
熊野懐紙(後鳥羽天皇宸翰以下十一通)(本願寺)
熊野懐紙(後鳥羽天皇宸翰、藤原家隆・寂蓮筆)3幅(陽明文庫)
一品経懐紙(西行、寂蓮等十四枚) 1幅、1帖(京都国立博物館)
藤原佐理筆詩懐紙(香川県立ミュージアム)


【手鑑】
手鑑「翰墨城」(三百十一葉)(世界救世教蔵・MOA美術館保管)
手鑑「見ぬ世の友」(二百二十九葉)(出光美術館)
手鑑「藻塩草」(二百四十二葉)(京都国立博物館)
大手鑑(第一帖百三十九葉、第二帖百六十八葉)(陽明文庫)

【古筆類】
藤原行成筆白氏詩巻(正木美術館)
小野道風筆三体白氏詩巻(正木美術館)

白氏詩巻(藤原行成筆 保延六年十月廿二日定信奥書)(東京国立博物館)
秋萩帖・淮南鴻烈兵略間詁(紙背)(東京国立博物館)

伝藤原行成筆書巻(本能寺)


【その他】
真草千字文 (小川広已←小川為次郎)
搨王羲之書(孔侍中帖)(前田育徳会)
禅院額字并牌字 19幅(東福寺)


2古文書の部

【一括文書】
島津家文書 15,133通(東京大学)
上杉家文書 2,018通、4帖、26冊(米沢市上杉博物館)
東寺百合文書(24,067通)3,863巻、1,172冊、6帖、67幅、13,695通(京都府立京都学・歴彩館)
東大寺文書 100巻、8,516通(東大寺)
宝簡集(54巻)・続宝簡集(58巻18冊)・又続宝簡集(113巻30冊)(金剛峯寺)
菅浦文書(1,281通)65冊、菅浦与大浦下庄堺絵図1幅(滋賀・須賀神社)

【勅書類】
聖武天皇勅書(天平感宝元年(749年)閏5月20日)(静岡・平田寺)
円珍贈法印大和尚位並智証大師諡号勅書(延長五年(927年)12月27日)(東京国立博物館)

【国郡文書】
越中国官倉納穀交替記残巻(石山寺)
周防国玖珂郡玖珂郷延喜八年戸籍残巻(石山寺)

【書状類】
弘法大師筆尺牘三通(風信帖)(東寺)
後宇多天皇宸翰東寺興隆条々事書御添状(東寺)

高倉天皇宸翰御消息(仁和寺)
後嵯峨天皇宸翰御消息(仁和寺)

伝教大師筆尺牘(弘仁四年(813年)11月25日)(奈良国立博物館)
三朝宸翰(花園天皇消息、後醍醐天皇消息、伏見天皇消息)2巻(前田育徳会)
伝藤原行成筆仮名消息(十二通)(京都鳩居堂)
藤原佐理筆書状(離洛帖)(畠山記念館)
藤原忠通筆書状案(京都国立博物館)

【起請文・置文類】
後鳥羽天皇宸翰御手印置文(暦仁二年(1239年)2月9日〉(水無瀬神宮)
後宇多天皇宸翰御手印遺告(大覚寺)
後宇多天皇宸翰当流紹隆教誡(3通)(醍醐寺)
後醍醐天皇宸翰御置文(元弘三年(1333年)8月24日)(大徳寺)
慈恵大師自筆遺告(天禄三年(972年)5月)(廬山寺)
理源大師筆処分状(延喜七年(907年)6月2日)(醍醐寺)
文覚四十五箇条起請文(藤原忠親筆)(神護寺)

【日記類】
後二条殿記(藤原師通、自筆本1巻、古写本29巻)30巻(陽明文庫)
御堂関白記(藤原道長、自筆本14巻、写本12巻)26巻(陽明文庫)

明月記(藤原定家自筆本)58巻、1幅(冷泉家時雨亭文庫)
熊野御幸記(藤原定家筆 建仁元年(1201年)10月)(三井文庫蔵・三井記念美術館保管)
後宇多院宸記〈自筆本、文保三年(1319年))(国立歴史民俗博物館)
水左記(源俊房、自筆本)2巻(前田育徳会)

【資財帳類】
広隆寺縁起資財帳(広隆寺)
広隆寺資財交替実録帳(広隆寺)

観心寺縁起資財帳(観心寺)
観世音寺資財帳 3巻(東京芸術大学)

【目録類】
伝教大師将来目録(貞元二十一年(805年)5月13日、明州刺史鄭審則跋)(延暦寺)
羯磨金剛目録(伝教大師筆、弘仁二年(811年)7月17日)(延暦寺)

弘法大師請来目録(伝教大師筆)(東寺)


【その他寺院・僧侶関係文書】
天台法華宗年分縁起(伝教大師 筆)(延暦寺)
伝教大師入唐牒(延暦寺)
嵯峨天皇宸翰光定戒牒(弘仁十四年(823年)4月14日〉(延暦寺)

法隆寺献物帳(天平勝宝八歳(756年)7月8日)(東京国立博物館)
円珍関係文書 8巻(東京国立博物館)

狸毛筆奉献表(伝弘法大師 筆)(醍醐寺)
後醍醐天皇宸翰天長印信(醍醐寺)

泉涌寺勧縁疏(俊?筆、承久元年(1219年)十月日)(泉涌寺)
附法状(俊?筆、嘉禄三年(1227年)3月22日)(泉涌寺)

灌頂歴名(弘法大師 筆)(神護寺)
伝教大師度縁案並僧綱牒(3通)(京都・来迎院)
入唐求法巡礼行記(円仁記、兼胤筆)(岐阜・法人蔵)
智証大師関係文書典籍 46種(園城寺)
亀山天皇宸翰禅林寺御起願文案(永仁七年(1299年)3月5日)(南禅寺)
仁和寺御室御物実録(前田育徳会)
誓願寺盂蘭盆縁起(栄西筆、治承二年(1178年)7月15日)(誓願寺)

【木簡】
平城宮跡出土木簡 3,184点(奈良文化財研究所)

【系図・絵図・金石】
額田寺伽藍並条里図(国立歴史民俗博物館)
越中国射水郡鳴戸村墾田図(奈良国立博物館)
那須国造碑(栃木・笠石神社)
海部氏系図(京都・個人蔵)

【日本国外の文書】
趙子昂書(与中峰明本尺贖、6通)(静嘉堂文庫)
ポルトガル国印度副王信書(京都・妙法院)

3歴史資料の部

慶長遣欧使節関係資料 47点(仙台市博物館)
伊能忠敬関係資料 2,345点 (香取市伊能忠敬記念館)
琉球国王尚家関係資料 1,251点 (那覇市歴史博物館)

次へ 投稿

前へ 投稿

0 コメント

37 ピンバック

  1. 総目次 2019/5/9更新 – 蔵書家たちの黄昏
  2. 蔵書家たちの黄昏
  3. [116] Twilight of the Book Collectors – 蔵書家たちの黄昏
  4. [13] 鏡像フーガ8 昭和期の蔵書家 (1970年頃まで) – 蔵書家たちの黄昏
  5. [9] 鏡像フーガ4 江戸の蔵書家  蔵書家たちが交流をはじめる – 蔵書家たちの黄昏
  6. [106] 現代日本の蔵書家4 四万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  7. [113] 現代日本の蔵書家11 十五万越えのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  8. [115] 現代日本の蔵書家∞ エピローグ – 蔵書家たちの黄昏
  9. [118] 現代欧米の蔵書家たち 10000クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  10. [210] イスラムの蔵書家たち バグダッド – 蔵書家たちの黄昏
  11. [212] イスラムの蔵書家たち コルドバ – 蔵書家たちの黄昏
  12. [213] イスラムの蔵書家たち 十字軍以降 – 蔵書家たちの黄昏
  13. [12] 鏡像フーガ7 岩崎2家の問題 財閥が蒐集家を蒐集する – 蔵書家たちの黄昏
  14. [300] 主題回帰 反町茂雄によるテーマ – 蔵書家たちの黄昏
  15. [108] 現代日本の蔵書家6 六万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  16. [2] 反町茂雄によるテーマ その1 – 蔵書家たちの黄昏
  17. [109] 現代日本の蔵書家7 七万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  18. [203] 古代の蔵書家 ヘレニズム – 蔵書家たちの黄昏
  19. [209] イスラムの蔵書家たち 前史ペルシア – 蔵書家たちの黄昏
  20. [110] 現代日本の蔵書家8 八万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  21. [114] 現代日本の蔵書家12 二十万越えのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  22. [120] 現代欧米の蔵書家たち 30000クラス,40000クラス,50000クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  23. [7] 鏡像フーガ2 蒐集のはじめ – 蔵書家たちの黄昏
  24. [8] 鏡像フーガ3 大名たち – 蔵書家たちの黄昏
  25. [16] 鏡像フーガ付録1 川瀬一馬による主題 – 蔵書家たちの黄昏
  26. Grolier, De Thou, Mazarin, Colbert – 蔵書家たちの黄昏
  27. [102] 現代日本の蔵書家たち0 プロローグ – 蔵書家たちの黄昏
  28. [201] 古代の蔵書家 オリエント – 蔵書家たちの黄昏
  29. [104] 現代日本の蔵書家たち2 二万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  30. [211] イスラムの蔵書家たち カイロ – 蔵書家たちの黄昏
  31. [206] 中世の蔵書家たち 9, 10c – 蔵書家たちの黄昏
  32. [208]中世の蔵書家たち 13,14c – 蔵書家たちの黄昏
  33. [205] 中世の蔵書家 5, 6, 7, 8c – 蔵書家たちの黄昏
  34. [107] 現代日本の蔵書家5 五万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  35. [15] 鏡像フーガ10 すべては図書館の中へ – 蔵書家たちの黄昏
  36. [105] 現代日本の蔵書家3 三万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  37. [202] 古代の蔵書家 ギリシア – 蔵書家たちの黄昏

返信する

© 2021 蔵書家たちの黄昏

テーマの著者 Anders Norén

Translate »