蔵書家たちの黄昏

反町茂雄の主題による変奏曲

ジャンル別蔵書家11 [北斎漫画 HOKUSAI MANGA]

[北斎漫画 HOKUSAI MANGA]

 

 今日は単一作品に対するコレクターです。 葛飾北斎の代表作「北斎漫画」は一応、綴じ本なので書物として扱いました。

 

 浦上満 Urakami Misuru 1951- 浦上蒼穹堂http://www.uragami.co.jp/hokusai_manga/
 「北斎漫画」に関しては1500冊という世界最大のコレクションである。浦上氏は古美術の世界では名高い浦上蒼穹堂の店主。
 コレクターであった父浦上敏朗(山口県立萩美術館浦上記念館 名誉館長)の影響で古美術に親しみ繭山龍泉堂での修行を経て1979年浦上蒼穹堂を設立。現在東京美術倶楽部取締役及び東京美術商協同組合副理事長。

 

 永田生慈 Nagata Seiji 1951-2018 島根県立美術館
 どちらかというと浮世絵コレクターであり、その収集は特に葛飾北斎の作品を軸としている。小学生の時に北斎の収集を開始したという強者で、当然「北斎漫画」も収集している。浮世絵専門の太田記念美術館に勤務した後、自らのコレクションで故郷島根に葛飾北斎美術館を開設する。
 最晩年にこの美術館を閉じ、およそ千点の浮世絵(評価額数十億)を島根県県立美術館へ寄贈した。これらはおよそ九割が北斎の木版画、浮世絵、綴じ本などで占められ、一部弟子の作品も交じっているという。「春朗」の銘のある唯一の肉筆画や狂歌絵本の完本(世界に二セットしかない)など貴重なものが多い。

 

 

 「北斎漫画」というのは妙な本です。画集なのか、絵手本なのか、漫画なのか、いま一つはっきりしない。
 日本では彼の彩色版画や肉筆画に比べ一段下にみられた時期もありましたが、生前はむしろこちらが代表作だとされていました。近代以降に欧米で北斎の評価が高まった時も、一番重視されたのはこのシリーズです。
 出版史的には絵手本という判断が定説なのは承知しています。たしかに全15編のうち、最初の頃の数編はそうでしょう。しかし第12編あたりをピークとする奇想の高まりには、そう言い切れないものを感じます。漫画的な表現も随所に見られます。

 現在の日本では「北斎漫画」の廉価な復刻版がいくつも出ており(量が結構多いのでそれでも4,5000円はします)、上記のお二人のコレクターも北斎の権威として、自らの監修(コレクションからの写真提供も)による「北斎漫画」を刊行しています。
 管理人の持ってるのは永田生慈氏監修によるものです。これを選んだのは一冊にまとまって安かったからでした。印刷はあまり良いとは言えません。ただ永田氏による解説は書誌学的な事項がかなり詳細に記載されています。

 

 

 

 

 

 古書目録  社史  古医書・本草書  漢詩  俳書   江戸文学  能楽関連  芝居番付  明治文学  彩色写本  アルドゥス版  キャクストン版  ウィリアム・ピカリング版  ジョン・バスカビル版  ケムスコットプレス  手沢本  初版本  豆本  小口絵本  辞書  教科書  児童文学  飛び出す絵本  敦煌文献  マルクス主義文献  大阪の郷土資料  和算書  昆虫本  ユダヤ文献  フリーメーソン文献  グリモワール・魔術書  同和文献  服飾史  料理書・美食文献  煙草文献  チェス文献  野球文献  ゴルフ関連文献  狩猟関係書  魔女と魔女狩り  フランス革命  ナポレオン関係  パリコミューン    第二次世界大戦  南部連邦の歴史  ニューオリンズの歴史  Trans-Allegheny West史  ラテンアメリカ史  サンスクリット文献  メソジストの歴史  政治学  言論の自由に関する文献  アメリカのドイツ人社会  アメリカ植民地法  印刷関係文献  広告資料  プロパガンダ文献  フランス文化  レト・ロマンス語文献  アイスランドの歴史と社会  アメリカ民俗学  アメリカインディアン資料  中国東南アジア  南アジア  カリフォルニア  アメリカ西部  メキシコ  南極と北極  太平洋  ヴィクトリア朝時代の小説  アメリカ文学総合  フランスの近現代文学  イタリア文学  スペイン文学  アイルランド文学  アメリカのユダヤ人作家  ゲイ小説  釣り文学  幻想小説  大衆文学  時代小説  ミステリ  コナン・ドイル  E・S・ガードナー  レイモンド・チャンドラー   SF小説   ジュール・ヴェルヌ   エドガー・ライス・バローズ  ダイムノヴェル  演劇書  音楽  サーカス  映画  映画パンフレット  映画ポスター 衣笠貞之助関連  ボッジョ・ブラッチョリーニ  フランクリン  コロンブス  科学書  天体暦  航空文献  ラヴォアジエ関連  神経科学  レオナルド・ダヴィンチ  アメリカの鳥類学  ヴェルギリウス  ダンテ  ペトラルカ  シェイクスピア  ゲーテ  鴎外  漱石  泉鏡花  ミルトン  ドライデン  デフォー  スウィフト  アレキサンダー・ホープ  フィールディング  サミュエル・ジョンソン  オリヴァー・ゴールドスミス  ホレス・ウォルポール  ウィリアム・ブレイク  ディケンズ  ロバート・スティーブンス  ウィリアム・モリス  キップリング  シェリダン  オスカー・ワイルド  バーナード・ショー  スウィンバーン  エドガー・アラン・ポー  ロバート・フロスト  マーク・トウェイン  ヘンリー・ジェームス  ジョゼフ・コンラッド  アンデルセン  ラヴクラフトコレクション  聖書の諸版  論語  ドン・キホーテ  北斎漫画  西洋古図鑑  雑誌全般  カストリ雑誌  パルプマガジン  自筆譜  楽譜  手紙  古地図・地図  少女漫画  春画  エロ漫画  性科学文献  エロ本  ビニ本  性風俗本  発禁本  闘病記

 

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 蔵書家たちの黄昏

テーマの著者 Anders Norén

Translate »