蔵書家たちの黄昏

反町茂雄の主題による変奏曲

[109] 現代日本の蔵書家7 七万クラスのひとたち

☆梅本「七万クラスの蔵書家はお一人です。池田大作さん (Ikeda Daisaku 1928-)です。」
★関谷「ああ そうですか」


☆梅本「創立者池田大作先生は、創価教育の淵源となった創価学会初代会長・牧口常三郎先生、師事された第2代会長・戸田城聖先生のご遺志を受け継ぎ、生命尊厳の哲理を根底に、世界平和と人類社会の発展のために尽力されてきました。」
★関谷「はい」


☆梅本「歴史家アーノルド・トインビー博士、ノーベル化学賞・平和賞受賞者のライナス・ポーリング博士など、世界の著名な指導者・知識人との対話は1600回を超えています。」
★関谷「ああ そうですか」


☆梅本「それらは「対談集」としてまとめられ、日本語以外でも現在38言語960点が出版され、創立者が著された小説や詩集などを合わせると、世界中で出版された著作は1500点に及んでいます。これらの功績を讃え、世界の大学・学術機関等から230を超える名誉学術称号が創立者に贈られています。」
★関谷「ああ、そうですか」


☆梅本「『池田文庫』は、創立者が少年時代から読まれた本や、恩師・戸田城聖先生のもとで学んだ教材、激務の中にあっても日々深く研鑽を重ねた書籍を集めたものです。その設置は、1993年に開催された「第22回創価大学滝山祭記念フェスティバル」における創立者の記念講演で発表されました。『15歳のときから集めた本が約7万冊にのぼっている。それらの中には、戦時中、防空壕に入れて守ったため、かなり傷んでいるものもある。その7万冊の本を創価大学に寄贈したい。1冊1冊の本に、私にとって多くの思い出が込められている。どうか読書と研鑽に役立てていただければと思う』(1993年7月3日) この講演の後、4年間の整理期間を経て、1997年5月8日「池田文庫」として開設されました。 」
★関谷「はい」


☆梅本「この10年有余の間、多くの方にこの「池田文庫」は、親しまれてきました。「池田文庫」の内容は、哲学・歴史・政治・経済・芸術・文学などあらゆる分野に渡っています。創立者の思想と行動を学び、それを継承しゆく本学の学生並びに教職員にとって、創価大学の至宝であるこの「池田文庫」は、第二の草創期に入った本学において、ますますその価値を高め、人材輩出の宝庫として輝いていくに違いありません。 以上、創価大学ホームページから池田文庫に関して解説した部分を引用させていただきました」

★関谷「今日ご紹介した蔵書家の方はお一人でした」

 

総目次
 
まずお読みください

◇主題  反町茂雄によるテーマ
反町茂雄による主題1 反町茂雄による主題2 反町茂雄による主題3 反町茂雄による主題4

◇主題補正 鏡像フーガ
鏡像フーガ 蒐集のはじめ 大名たち 江戸の蔵書家 蔵書家たちが交流を始める 明治大正期の蔵書家 外人たち 岩崎2家の問題 財閥が蒐集家を蒐集する 昭和期の蔵書家 公家の蔵書 すべては図書館の中へ 
§川瀬一馬による主題 §国宝古典籍所蔵者変遷リスト §百姓の蔵書
 

◇第一変奏 グロリエ,ド・トゥー,マザラン,コルベール
《欧州大陸の蔵書家たち》
近世欧州の蔵書史のためのトルソhya

◇第二変奏 三代ロクスバラ公、二代スペンサー伯,ヒーバー
《英国の蔵書家たち》

◇第三変奏 ブラウンシュヴァイク, ヴィッテルスバッハ
《ドイツ領邦諸侯の宮廷図書館》

フランス イギリス ドイツ  イタリア
16世紀 16世紀 16世紀 16世紀  16世紀概観
17世紀 17世紀 17世紀 17世紀  17世紀概観
18世紀 18世紀 18世紀 18世紀  18世紀概観
19世紀 19世紀 19世紀 19世紀  19世紀概観
20世紀 20世紀 20世紀 20世紀  20世紀概観
仏概史  英概史  独概史  伊概史

◇第四変奏 瞿紹基、楊以増、丁兄弟、陸心源
《清末の四大蔵書家》
夏・殷・周・春秋・戦国・秦・前漢・新・後漢 三国・晋・五胡十六国・南北朝 隋・唐・五代十国 宋・金・元   中華・中共    

◇第五変奏 モルガン,ハンチントン,フォルジャー
《20世紀アメリカの蔵書家たち》
アメリカ蔵書史のためのトルソ
 
◇第六変奏
《古代の蔵書家たち》
オリエント ギリシア ヘレニズム ローマ

◇第七変奏
《中世の蔵書家たち》
中世初期 カロリングルネサンス 中世盛期 中世末期

◇第八変奏
《イスラムの蔵書家たち》
前史ペルシア バグダッド カイロ コルドバ 十字軍以降
 
◇第九変奏 《現代日本の蔵書家たち》
本棚はいくつありますか プロローグ 一万クラスのひとたち 二万クラスのひとたち 三万クラスのひとたち 四万クラスのひとたち 五万クラスのひとたち 六万クラスのひとたち 七万クラスのひとたち 八万クラスのひとたち 九万クラスのひとたち 十万越えのひとたち 十五万越えのひとたち 二十万越えのひとたち エピローグ TBC

◇第十変奏 《現代欧米の蔵書家たち》
プロローグ 一万クラス 二万クラス 三万・四万・五万クラス 七万クラス 十万・十五万クラス 三十万クラス エピローグ1 

◇第十一変奏
《ロシアの蔵書家たち》
16世紀 17世紀 18世紀①   19世紀① ② ③ 20世紀① ② ③

 

 

Δ幕間狂言 分野別 蔵書家
Δ幕間狂言 蔵書目録(製作中)
 
◇終曲   漫画の蔵書家たち 1 
◇主題回帰 反町茂雄によるテーマ
 

§ アンコール用ピースⅠ 美術コレクターたち [絵画篇 日本]
§ アンコール用ピースⅡ 美術コレクターたち [骨董篇 日本]

§ アンコール用ピースⅢ 美術コレクターたち [絵画篇 欧米]
§ アンコール用ピースⅣ 美術コレクターたち [骨董篇 欧米]
 
§ アンコール用ピースⅤ レコードコレクターたち
§ アンコール用ピースⅥ フィルムコレクターたち
 
Θ カーテンコール 
閲覧者様のご要望を 企画① 企画② 企画③ 企画④


次へ 投稿

前へ 投稿

0 コメント

27 ピンバック

  1. [116] Twilight of the Book Collectors – 蔵書家たちの黄昏
  2. 総目次 2019/5/9更新 – 蔵書家たちの黄昏
  3. [13] 鏡像フーガ8 昭和期の蔵書家 (1970年頃まで) – 蔵書家たちの黄昏
  4. 総目次  11/25更新 – 蔵書家たちの黄昏
  5. [105] 現代日本の蔵書家3 三万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  6. [117] 現代欧米の蔵書家たち プロローグ – 蔵書家たちの黄昏
  7. [122] 現代欧米の蔵書家たち 100000越え.150000越えのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  8. [5] 反町茂雄によるテーマ その4  – 蔵書家たちの黄昏
  9. [113] 現代日本の蔵書家11 十五万越えのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  10. [202] 古代の蔵書家 ギリシア – 蔵書家たちの黄昏
  11. [203] 古代の蔵書家 ヘレニズム – 蔵書家たちの黄昏
  12. [213] イスラムの蔵書家たち 十字軍以降 – 蔵書家たちの黄昏
  13. [212] イスラムの蔵書家たち コルドバ – 蔵書家たちの黄昏
  14. [8] 鏡像フーガ3 大名たち – 蔵書家たちの黄昏
  15. [103] 現代日本の蔵書家たち1 一万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  16. [110] 現代日本の蔵書家8 八万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  17. [115] 現代日本の蔵書家∞ エピローグ – 蔵書家たちの黄昏
  18. [10] 鏡像フーガ5 明治大正期の蔵書家 – 蔵書家たちの黄昏
  19. [16] 鏡像フーガ付録1 川瀬一馬による主題 – 蔵書家たちの黄昏
  20. [104] 現代日本の蔵書家たち2 二万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  21. [106] 現代日本の蔵書家4 四万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  22. [211] イスラムの蔵書家たち カイロ – 蔵書家たちの黄昏
  23. [210] イスラムの蔵書家たち バグダッド – 蔵書家たちの黄昏
  24. [206] 中世の蔵書家たち 9, 10c – 蔵書家たちの黄昏
  25. [108] 現代日本の蔵書家6 六万クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏
  26. [7] 鏡像フーガ2 蒐集のはじめ – 蔵書家たちの黄昏
  27. [118] 現代欧米の蔵書家たち 10000クラスのひとたち – 蔵書家たちの黄昏

返信する

© 2021 蔵書家たちの黄昏

テーマの著者 Anders Norén

Translate »