蔵書家たちの黄昏

反町茂雄の主題による変奏曲

[117] 現代欧米の蔵書家たち プロローグ

★関谷「ご無沙汰しております。漂流教室関谷です。新シリーズの『現代欧米の蔵書家たち』いよいよこれから始動いたします。」
☆梅本「純クレ梅本です。この新コーナーではビルゲイツからマイケルジャクソンまで、現代の海外蔵書家を語っていきます。『現代日本の蔵書家』では1970年以後を念頭に置きましたが、海外篇では大体1950年代以後の蔵書家たちを語ります。」
★関谷「やっぱり雑本系の人?」
☆梅本「そう、博物館に入る様な中世写本のコレクターとかじゃなくて、まず著名人で、普通の本をどどーんと量持ってるような人です。」

★関谷「本篇の方は、今どこまで進んでる?」
☆梅本「いまやっとイスラムと中国を終えたとこです。」 
★関谷「このサイトの最大のメインは近代以降の西欧諸国だろ? 肝心の部分をやらないで」
☆梅本「そこは複雑すぎて難しいって。管理人は今手持ちの資料が利用できない環境なので簡単なとこばかり先に埋めてるみたいです」


★関谷「じゃ、そろそろ現代欧米の蔵書家たちの紹介行こうか!
    開口一番、マイケルジャクソン(Michael Jackson 1958-2009)の10000冊です!」

☆梅本「でもこれは・・・ たぶんオブジェですね・・・」
★関谷「まあオブジェだろうね。ほとんど読んでないなこれは」
☆梅本「同じミュージシャンではアート・ガーファンクル(Art Garfunkel 1941-)がこの45年間に読んだ本1195冊をリストアップして、おすすめの157冊を選んでるんです。ディッケンズやらブロンテ姉妹やらオーソドックスな古典ばかりでピンチョンとか現代ものはキライみたいです」
★関谷「ガーファンクルって、ミュージシャンでもわりと知的な方だろ。コロンビア大学で数学の学士号とってるし」
☆梅本「ええ、踊ってるだけのマイケルがその10倍読んでるとは考えにくいですね。御用達の本屋さんは、『彼は、詩が好きだったんだよ』とか言ってますけど・・・」
★関谷「ネバーランドには何でもなきゃならない。それで本も集めた。それだけの事だろうな」
☆梅本「ネバーランドには何でもあるよ、君もおいでよ、って少年少女を集めてましたよね」
★関谷「子供集めるために、金かけて遊園地みたいな家を作ってたよな・・・」
☆梅本「あそこは今、売りに出てるけどオファーはないそうですよ。コドモを性的虐待した現場だから」

★関谷「こんなのよりもマリリン・モンロー(Marilyn Monroe 1926-1962)のほうがずっと好感が持てるな」
☆梅本「ええ 持ってたのは大体400冊くらいです。本棚は一本か、二本でしょうね」
★関谷「マリリンモンローが普段読んでた本が、そのまま残ってる感じだな」
☆梅本「ごく普通の人の本の量なんです。だから本来はここで紹介する様な蔵書家ではないんですけど・・・
    内容は彼女が生前好きだった小説とか、ファッション雑誌なんかでしょうね。最後は睡眠薬の飲みすぎで亡くなっちゃうんだけど、やっぱりマリリンも忙しいスケジュールの中、自分で本を選んだり、寝る前にベッドで読んだりしてたんだなって分かります・・・ みんな案外本読んでるもんですね。」

★関谷「そういえば、福田和子(Fukuda Kazuko 1948-2005)もけっこう読書家だったらしい」
☆梅本「え? あの福田和子?」 
★関谷「福田和子が逃亡した後、刑事が和子の部屋に踏み込んだんだってさ。そしたら本棚には、推理小説がギッシリだったんだそうだ!」
☆梅本「マジですか? 確かにあそこまで逃げ続けるには勘の良さだけでは」
★関谷「そうだろ。あいつも結構勉強家なんだ」
☆梅本「何読んでたんでしょう? 西村京太郎の列車サスペンス?」
★関谷「何だろうな? 犯行は同僚ホステスの首絞めて家財道具一切合切を自分の家に運び込むっていう結構荒っぽいものだったからな」
☆梅本「推理物読んでるにしてはトリックが全然反映されてませんね」
★関谷「でも普段から人を殺す事ばかり考えて、本からいろいろヒントを探してたんだろうなあ」
☆梅本「うーん。私たちがミステリ読む場合って犯人あてとかトリックとか伏線の敷き方を楽しみますよね」
★関谷「ホステスって、結構勉強熱心なんだぜ。客の会話に合わせるために日経新聞とったりする子が昔いただろ。大人になってから本も読み始める。」
☆梅本「でもそういう人っていざ初めて本買おうとすると、寂れた駅前の本屋に置いてるようなハウツーものばかりに手を伸ばしちゃうでしょう?」
★関谷「今なら人殺す参考書になる本なんて色々あるだろ。推理小説読んだって何もならない。趣味と実用を兼ねてって言葉があるけど、和子の場合は一体・・・」

☆梅本「なんで今日は福田和子の話ばっかりになってるの?」
★関谷「そもそも福田和子は蔵書家ではないしな。 それ以前に現代の欧米人でもない。」
☆梅本「今回はまともな蔵書家全然紹介してませんよね? 今日これでいったい何が分かったの?」
★関谷「何だろうな? やる気のない本屋の本棚とやる気のあるホステスの本棚の内容が似てることぐらいかな。」
☆梅本「ぞっとしない話ですね。くわばらくわばら」

 

 

総目次
まずお読みください

◇主題  反町茂雄によるテーマ
反町茂雄による主題1 反町茂雄による主題2 反町茂雄による主題3 反町茂雄による主題4

◇主題補正 鏡像フーガ
鏡像フーガ 蒐集のはじめ 大名たち 江戸の蔵書家 蔵書家たちが交流を始める 明治大正期の蔵書家 外人たち 岩崎2家の問題 財閥が蒐集家を蒐集する 昭和期の蔵書家 公家の蔵書 すべては図書館の中へ 
§川瀬一馬による主題 §国宝古典籍所蔵者変遷リスト §百姓の蔵書

◇第一変奏 グロリエ,ド・トゥー,マザラン,コルベール
《欧州大陸の蔵書家たち》
近世欧州の蔵書史のためのトルソhya

◇第二変奏 三代ロクスバラ公、二代スペンサー伯,ヒーバー
《英国の蔵書家たち》

◇第三変奏 ブラウンシュヴァイク, ヴィッテルスバッハ
《ドイツ領邦諸侯の宮廷図書館》

フランス イギリス ドイツ  イタリア
16世紀 16世紀 16世紀 16世紀  16世紀概観
17世紀 17世紀 17世紀 17世紀  17世紀概観
18世紀 18世紀 18世紀 18世紀  18世紀概観
19世紀 19世紀 19世紀 19世紀  19世紀概観
20世紀 20世紀 20世紀 20世紀  20世紀概観
仏概史  英概史  独概史  伊概史

◇第四変奏 瞿紹基、楊以増、丁兄弟、陸心源
《清末の四大蔵書家》
夏・殷・周・春秋・戦国・秦・前漢・新・後漢 三国・晋・五胡十六国・南北朝 隋・唐・五代十国 宋・金・元   中華・中共    

◇第五変奏 モルガン,ハンチントン,フォルジャー
《20世紀アメリカの蔵書家たち》
アメリカ蔵書史のためのトルソ
◇第六変奏
《古代の蔵書家たち》
オリエント ギリシア ヘレニズム ローマ

◇第七変奏
《中世の蔵書家たち》
中世初期 カロリングルネサンス 中世盛期 中世末期

◇第八変奏
《イスラムの蔵書家たち》
前史ペルシア バグダッド カイロ コルドバ 十字軍以降
◇第九変奏 《現代日本の蔵書家たち》
本棚はいくつありますか プロローグ 一万クラスのひとたち 二万クラスのひとたち 三万クラスのひとたち 四万クラスのひとたち 五万クラスのひとたち 六万クラスのひとたち 七万クラスのひとたち 八万クラスのひとたち 九万クラスのひとたち 十万越えのひとたち 十五万越えのひとたち 二十万越えのひとたち エピローグ TBC

◇第十変奏 《現代欧米の蔵書家たち》
プロローグ 一万クラス 二万クラス 三万・四万・五万クラス 七万クラス 十万・十五万クラス 三十万クラス エピローグ1 

◇第十一変奏
《ロシアの蔵書家たち》
16世紀 17世紀 18世紀①   19世紀① ② ③ 20世紀① ② ③

 

 

Δ幕間狂言 分野別 蔵書家
Δ幕間狂言 蔵書目録(製作中)
◇終曲   漫画の蔵書家たち 1 
◇主題回帰 反町茂雄によるテーマ

§ アンコール用ピースⅠ 美術コレクターたち [絵画篇 日本]
§ アンコール用ピースⅡ 美術コレクターたち [骨董篇 日本]

§ アンコール用ピースⅢ 美術コレクターたち [絵画篇 欧米]
§ アンコール用ピースⅣ 美術コレクターたち [骨董篇 欧米]
§ アンコール用ピースⅤ レコードコレクターたち
§ アンコール用ピースⅥ フィルムコレクターたち
Θ カーテンコール 
閲覧者様のご要望を 企画① 企画② 企画③ 企画④